信託と後見

世の中には、老後対策や相続対策につながる「信託」や「後見」のさまざまな情報がありますが、時には過大広告的な内容で喧伝され、問題となりそうな対策が取られていることもあります。

このホームページでは、できる限りわかりやすく情報提供を行うと共に、中立的で安心できる情報をお伝えしてゆきたいと思っています。

マンガでわかる老後対策の大切さ

相続対策の前に

マンガにもありますが、老後の対策や相続への対策は、ほとんどの方はすすんでされない事がほとんどです。

そして年を重ねるうちにふと、「自分は認知症になりかかっているのでは」と気になりはじめますが、「まだ大丈夫」と思っているうちに進行し、本格的な認知症となるパターンは非常に多くあります。

そうなると相続対策だけでなく、自分の老後対策さえできず、そしてここから、数多くの問題が出てくることに。。。

認知症の問題

認知症にはいろいろな症状があります。

たとえばマンガにあるように、ご飯を食べたことを忘れてまたご飯をほしがる、というのはまだ良いほうで、元々優しい気性の方でも、ひどい言葉を言い放つようになったり、症状によっては、ご家族が語り尽くせぬほどの労苦を背負ったりする状況になることも。。。

認知症以外のたくさんの問題

また、問題は認知症だけではないです。

高齢者は糖尿病や高血圧など持病がある方がほとんどなので、例えば脳溢血で倒れて全身不随や意思疎通ができなくなったりすると、何も対策をしていなかったら親も子も大変です。

まず、認知症や意志能力が失われた親の財産は、たとえ子であっても使えません。

なので介護のための多額の費用負担が発生し、こどもに大きな負担がかかったり、また必要な治療が受けられないことも出てきます。

時には、身体拘束を行うような老人ホームに入居させられたりすることも。。。

何も対策をしていなかった場合は法定後見という成年後見制度もありますが、見ず知らずの法定後見人(弁護士や司法書士など)に財産を管理され、やりとりする手間がかかってしまうだけでなく、さらに金銭的負担が生じてしまうことにもなります。

 

ですので、相続対策の前に、老後の対策は非常に大切です。

自分が認知症や病気になった時どうしてほしいかなど、老後の対策を決めておくことで、ご自身が安心になるだけでなく、結果的に残される家族の安心にもつながってきます。

あんしん信託後見サポートセンターでは、そういった老後の問題をなくすことを目的として設立されました。

よりよい老後のために

また、前向きの対策にも取り組むことも考えられます。

例えば、老後の対策を考える上で、所有する不動産などの資産を有効活用すれば、老後の生活を充実させることができます。

それと同時に相続対策にも取り組み、相続税の節税対策を行い、遺産分割対策を行い、争族の心配も無くせば、一石二鳥ではなく一石三鳥です。

つまり老後の対策は、自分のための対策であり、家族のためにもつながること

このことを社会に広く伝えてゆきたいと思い、さらにわかりやすく伝えるために上記のようなマンガも作成しました。

 

このホームページの法的な内容は難しいかもしれませんが、せめてマンガだけでも読んでいただければ、老後対策というものに対して、すこしでも理解が深まることと思います。

ぜひ様々な内容を参考にしていただければ幸いです。

 

更新日:

Copyright© あんしん信託後見サポートセンター , 2018 All Rights Reserved.